うつ病は薬で治療出来る、認可されている五系統の抗うつ薬とは?

うつ病は休養や精神的治療以外にも、症状によっては薬での治療が必要な場合があります。

 

現在代表的な抗うつ薬は、
 ・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
 ・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
 ・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)
 ・三環系抗うつ薬
 ・四環系抗うつ薬
これら五系統に大別出来ます。

 

それぞれの薬について解説していきます、
●1.SSRI●
脳の神経伝達物質の中において、セロトニンが再び取り込まれることを阻害することで、神経細胞間のセロトニン濃度を濃くし、情報伝達力を強めることで、抗うつ効果を発揮する薬です。

 

薬の種類
 ・フルボキサミン
 ・バロキセチン
 ・セルトラリン
 ・エスシタロプラム
●2.SNRI●
こちらは脳の神経伝達物質であるセロトニン、ノルアドレナリンを阻害し、神経細胞間における両物質の濃度を濃くすることで情報伝達力を強め、抗うつ効果を発揮する薬です。

 

薬の種類
 ・ミルナシプラン
 ・デュロキセチン
 ・ベンラファキシン
●3.NaSSA●
上記二種類とは違い、脳の神経伝達物質を阻害し濃度を上げるのではなく、セロトニンやノルアドレナリンの分泌量そのものを増やすことで治療効果を高める、比較的新しい種類の薬です。

 

薬の種類
 ・ミルタザピン
●4.三環系抗うつ薬●
化学構造中にベンゼン環の環状構造が三つある化合物からなる薬を指して呼びます。

 

セロトニンやノルアドレナリンを阻害し濃度を上げる効果がありますが、他の神経伝達物質の働きも阻害するため、抗コリン作用による口の渇きや便秘、抗ヒスタミン作用による眠気などの副作用が強く、また過剰摂取すると死亡しやすい薬です。

 

薬の種類
 第一世代
 ・アミトリプチリン
 ・イミプラミン
 ・クロミプラミン
 ・トリミプラミン
 ・ノルトリプチミン
 第二世代
 ・アモキサピン
 ・ドスレピン
 ・ロフェプラミン
●5.四環系抗うつ薬●
薬剤の分子構造中に連なった環状構造が四つあるタイプの薬です。

 

他の薬に較べて即効性が高く、副作用が出た場合でも、三環系抗うつ薬よりも軽いのが特徴です。

 

薬の種類
 ・マプロチリン
 ・ミアンセリン
 ・セチプチリン
日々新薬が開発されて、うつ病治療も日進月歩で進化を遂げています。

 

投薬治療は人によっては抵抗感を持つ人もいますが、先入観は捨てて、より良い治療のためにも、薬による治療も選択肢に入れることも必要ではないでしょうか。

 

セロトニンが増えるとうつが軽減される!分泌されるときとは?

セロトニンが増えることで、うつを軽減できるということをご存知ですか?
うつ病の経歴がある筆者が、うつのときにセロトニンを増やすことがいかに大切であるかを書きたいと思います。

 

◆セロトニンの1番の効果とは?
○うつ状態の絶望的な気持ちが軽減される
うつ状態のとき、自分ではなぜこんなに身体がだるいのか、思考がおかしくなってしまうのか、なにもかもわからなくなり、絶望感におそわれるかと思います。

 

そんなとき、セロトニンが分泌されるとあたまがスッキリして、黒いもやがかかった心が少し晴れてきます。

 

◆セロトニンが増えるときとは?①
○ハグをしているとき
身近なひと、だれでも構いません。

 

親、友達、パートナー、お子さんなど、温もりがある人間にハグをしてみてください。

 

温かさがじわじわと伝わってくるまで、ギュっと、じっと待ってみてください。

 

だんだん安心感と安堵感が溢れてくるはずです。

 

このとき、脳内ではセロトニンがたくさん分泌されています。

 

だまされたと思って、試してみてください。

 

◆セロトニンが増えるときとは?②
○質のいい睡眠がとれたとき
うつ病の方は、不眠症を持っていることが多いと思います。

 

また、過眠状態の方もいるかもしれません。

 

正反対の症状ですが、どちらにも共通していることがあります。

 

浅い睡眠状態の時間が、正常な睡眠を取れる方よりとても長いという点です。

 

深く眠れていない状態で、時間が過ぎることが多くありませんか?
このとき、身体は休めていても脳は休めていません。

 

そのせいで、次の日、元気に動くために分泌されるはずのセロトニンがあまり増えないという状態になってしまいます。

 

ですので、まず深い眠りにつくためにも睡眠剤を飲んで、ぐっすり眠ってみてください。

 

睡眠剤と聞くと、すこし抵抗感があるかもしれませんが、一度ぐっすりと眠れるとセロトニンが増えるので、次の日は薬なしでしっかりと眠れるかもしれません。

 

◆まとめ
いかがでしたでしょうか。

 

うつ病を経歴に持つ筆者の経験から、セロトニンが分泌されるときについて書かせていただきました。

 

ぜひ、試してみてください。

 

セロトニンの増やし方で基本中の基本、間違いなしの3原則

現代人の生活習慣は睡眠不足、運動不足、不規則な生活習慣、ストレス過多などのセロトニンを減少させるための十分な条件がそろっていますから、原因がセロトニンの不足ということに気付いていないだけで、大なり小なりセロトニンの不足による体の不調は起こっているはずです。

 

健康快適生活のためにはセロトニンを増やすための取り組みが必須になります。

 

太陽の光を浴びる
セロトニンは脳の覚醒を促す働きがありますが、これに対してメラトニンには睡眠導入の作用があります。

 

この両者の働きは目から入る光の量によって制御されていますから、寝る前には部屋の明かりをセーブしたり、明るい画面を見ないようにすることが快眠につながることと同様に、朝起きて太陽の光を浴びることでセロトニンを活性化することが快適生活につながるのです。

 

リズム運動をする
単純な動きを繰り返すリズム運動がセロトニンの活性化には効果的です。

 

スクワット、ウォーキング、自転車、を5分間行うだけで十分で、長くても30分以内で終えるようにします。

 

疲れるまでやらず、短い時間で集中して行うことが大切です。

 

運動が苦手という方は、座禅のように腹式呼吸で呼吸に集中する、あるいはガムを噛み咀嚼を繰り返すだけでも効果があります。

 

バナナを食べる
セロトニンはトリプトファンから生成されますが、トリプトファンは体内では作れないため食事から摂取しなければなりません。

 

トリプトファン単体で生成されるわけではなくビタミン、ミネラルも必要ですし、炭水化物はトリプトファンの脳での利用を効率化させます。

 

バナナにはトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物が含まれていますから、セロトニンを増やすためにはまさにうってつけの食べ物なのです。

 

すぐに効果を実感できる方もいれば、そうでない場合もありますが、継続することで必ずセロトニンは増加して、その効果を身体で実感できることは間違いありません。

 

自分の続けられそうなことをコツコツと継続していくことが、一番効果的です。

 

セロトニンの増やし方は毎日3つを取りいれた生活習慣

最近気持ちが沈んで前向きになれなかったり、不眠が続いて体調がすぐれないことはありませんか。

 

この症状が続いたら初期症状のうつ病が発症しているのかもしれません。

 

セセロセロトニンが不足することでうつ病になると言われています。

 

セロトニンは毎日3つの事を生活の習慣にすると増えるのでセロトニンを活性化して増やすことができます。

 

1日30分太陽の光を浴びること
日光を浴びるとセロトニンの神経にスイッチがかかり体内のリズムがきちんと整え、自律神経も正常な働きにしてくれます。

 

体内時計や自律神経が整うと良い睡眠がとれるようになり、抗ストレス作用のあるストレスホルモンの分泌が盛んになるのでストレスに強くなります。

 

毎日ガム噛むリズム運動でセロトニン増す
セロトニンは簡単に繰り返す運動のリズム運動がよいと言われていますが、リズム運動の代表とするウォーキングの時にガムを噛みながら運動すると効果が上がります。

 

ガムを噛むのもリズム運動の一つと言われていて手軽に行えるので時間がない時はガムを噛むだけでもよい運動になります。

 

セロトニンを増やすために必要な食品
セロトニンを増やすには太陽の光とリズム運動の他にもセロトニンを増やす食べ物を意識して摂取することでセロトニンが増えます。

 

セロトニンを増やす食べ物はアミノ酸の1つのトリプトファンで、牛乳、チーズ、ヨーグルトの乳製品や豆腐、納豆、しょうゆや、カツオ、マグロなどの魚、ピーナッツのナッツ類、バナナや小麦胚芽、卵などに多く含まれます。

 

トリプトファン以外でもビタミン6やマグネシウム、ナイアシンから合成され、さんまやニンニク、わかめやひじき、緑黄色野菜などもセロトニンを増やす大事な食品になります。

 

セロトニンが不足すると家にひきもりになりがちです。

 

友達や家族と触れ合うことでセロトニンにも影響があると言われているので積極的に人と触れ合うのも大事で、毎日の生活の中で、少しでも光を浴び、少しのリズム運動、セロトニンに大事な食べ物を意識しながら幸せホルモンのセロトニンを増やしていくと心も落ち着き穏やかな毎日を送ることができます。