セロトニンの増やし方は毎日3つを取りいれた生活習慣

最近気持ちが沈んで前向きになれなかったり、不眠が続いて体調がすぐれないことはありませんか。

 

この症状が続いたら初期症状のうつ病が発症しているのかもしれません。

 

セセロセロトニンが不足することでうつ病になると言われています。

 

セロトニンは毎日3つの事を生活の習慣にすると増えるのでセロトニンを活性化して増やすことができます。

 

1日30分太陽の光を浴びること
日光を浴びるとセロトニンの神経にスイッチがかかり体内のリズムがきちんと整え、自律神経も正常な働きにしてくれます。

 

体内時計や自律神経が整うと良い睡眠がとれるようになり、抗ストレス作用のあるストレスホルモンの分泌が盛んになるのでストレスに強くなります。

 

毎日ガム噛むリズム運動でセロトニン増す
セロトニンは簡単に繰り返す運動のリズム運動がよいと言われていますが、リズム運動の代表とするウォーキングの時にガムを噛みながら運動すると効果が上がります。

 

ガムを噛むのもリズム運動の一つと言われていて手軽に行えるので時間がない時はガムを噛むだけでもよい運動になります。

 

セロトニンを増やすために必要な食品
セロトニンを増やすには太陽の光とリズム運動の他にもセロトニンを増やす食べ物を意識して摂取することでセロトニンが増えます。

 

セロトニンを増やす食べ物はアミノ酸の1つのトリプトファンで、牛乳、チーズ、ヨーグルトの乳製品や豆腐、納豆、しょうゆや、カツオ、マグロなどの魚、ピーナッツのナッツ類、バナナや小麦胚芽、卵などに多く含まれます。

 

トリプトファン以外でもビタミン6やマグネシウム、ナイアシンから合成され、さんまやニンニク、わかめやひじき、緑黄色野菜などもセロトニンを増やす大事な食品になります。

 

セロトニンが不足すると家にひきもりになりがちです。

 

友達や家族と触れ合うことでセロトニンにも影響があると言われているので積極的に人と触れ合うのも大事で、毎日の生活の中で、少しでも光を浴び、少しのリズム運動、セロトニンに大事な食べ物を意識しながら幸せホルモンのセロトニンを増やしていくと心も落ち着き穏やかな毎日を送ることができます。