セロトニンの増やし方で基本中の基本、間違いなしの3原則

現代人の生活習慣は睡眠不足、運動不足、不規則な生活習慣、ストレス過多などのセロトニンを減少させるための十分な条件がそろっていますから、原因がセロトニンの不足ということに気付いていないだけで、大なり小なりセロトニンの不足による体の不調は起こっているはずです。

 

健康快適生活のためにはセロトニンを増やすための取り組みが必須になります。

 

太陽の光を浴びる
セロトニンは脳の覚醒を促す働きがありますが、これに対してメラトニンには睡眠導入の作用があります。

 

この両者の働きは目から入る光の量によって制御されていますから、寝る前には部屋の明かりをセーブしたり、明るい画面を見ないようにすることが快眠につながることと同様に、朝起きて太陽の光を浴びることでセロトニンを活性化することが快適生活につながるのです。

 

リズム運動をする
単純な動きを繰り返すリズム運動がセロトニンの活性化には効果的です。

 

スクワット、ウォーキング、自転車、を5分間行うだけで十分で、長くても30分以内で終えるようにします。

 

疲れるまでやらず、短い時間で集中して行うことが大切です。

 

運動が苦手という方は、座禅のように腹式呼吸で呼吸に集中する、あるいはガムを噛み咀嚼を繰り返すだけでも効果があります。

 

バナナを食べる
セロトニンはトリプトファンから生成されますが、トリプトファンは体内では作れないため食事から摂取しなければなりません。

 

トリプトファン単体で生成されるわけではなくビタミン、ミネラルも必要ですし、炭水化物はトリプトファンの脳での利用を効率化させます。

 

バナナにはトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物が含まれていますから、セロトニンを増やすためにはまさにうってつけの食べ物なのです。

 

すぐに効果を実感できる方もいれば、そうでない場合もありますが、継続することで必ずセロトニンは増加して、その効果を身体で実感できることは間違いありません。

 

自分の続けられそうなことをコツコツと継続していくことが、一番効果的です。