うつ病は薬で治療出来る、認可されている五系統の抗うつ薬とは?

うつ病は休養や精神的治療以外にも、症状によっては薬での治療が必要な場合があります。

 

現在代表的な抗うつ薬は、
 ・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
 ・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)
 ・NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)
 ・三環系抗うつ薬
 ・四環系抗うつ薬
これら五系統に大別出来ます。

 

それぞれの薬について解説していきます、
●1.SSRI●
脳の神経伝達物質の中において、セロトニンが再び取り込まれることを阻害することで、神経細胞間のセロトニン濃度を濃くし、情報伝達力を強めることで、抗うつ効果を発揮する薬です。

 

薬の種類
 ・フルボキサミン
 ・バロキセチン
 ・セルトラリン
 ・エスシタロプラム
●2.SNRI●
こちらは脳の神経伝達物質であるセロトニン、ノルアドレナリンを阻害し、神経細胞間における両物質の濃度を濃くすることで情報伝達力を強め、抗うつ効果を発揮する薬です。

 

薬の種類
 ・ミルナシプラン
 ・デュロキセチン
 ・ベンラファキシン
●3.NaSSA●
上記二種類とは違い、脳の神経伝達物質を阻害し濃度を上げるのではなく、セロトニンやノルアドレナリンの分泌量そのものを増やすことで治療効果を高める、比較的新しい種類の薬です。

 

薬の種類
 ・ミルタザピン
●4.三環系抗うつ薬●
化学構造中にベンゼン環の環状構造が三つある化合物からなる薬を指して呼びます。

 

セロトニンやノルアドレナリンを阻害し濃度を上げる効果がありますが、他の神経伝達物質の働きも阻害するため、抗コリン作用による口の渇きや便秘、抗ヒスタミン作用による眠気などの副作用が強く、また過剰摂取すると死亡しやすい薬です。

 

薬の種類
 第一世代
 ・アミトリプチリン
 ・イミプラミン
 ・クロミプラミン
 ・トリミプラミン
 ・ノルトリプチミン
 第二世代
 ・アモキサピン
 ・ドスレピン
 ・ロフェプラミン
●5.四環系抗うつ薬●
薬剤の分子構造中に連なった環状構造が四つあるタイプの薬です。

 

他の薬に較べて即効性が高く、副作用が出た場合でも、三環系抗うつ薬よりも軽いのが特徴です。

 

薬の種類
 ・マプロチリン
 ・ミアンセリン
 ・セチプチリン
日々新薬が開発されて、うつ病治療も日進月歩で進化を遂げています。

 

投薬治療は人によっては抵抗感を持つ人もいますが、先入観は捨てて、より良い治療のためにも、薬による治療も選択肢に入れることも必要ではないでしょうか。